裁定価格理論とは? (Arbitrage Pricing Theory,APT)



APT(Arbitrage Pricing Theory)の訳で、1977年にロスが提唱した理論。個別証券のリターンをいくつかの要因(ファクター)で説明できるとという条件のもとでの市場均衡(裁定=アービトラージが発生しない状態)を表すモデル。同一のリスクで期待リターンが異なる2つの資産があるとすれば、投資家は高い期待リターンの資産を購入し、低い期待リターンの資産を売却するといった裁定行動をとるため、2つの資産は同じリターンになるという理論。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.