効率的市場仮説とは? (効率市場仮説、効率市場説)



効率的市場仮説とは、ニュースや材料は全て株価に織り込まれており、株価は常に適正価格になっているという考え方。効率的な市場は個々の銘柄の株価は市場参加者の総意が反映されたものとなり、それらをすべて含むように時価総額比率で分散化されたポートフォリオを組むことで、リスク・リターンのバランスが最も効率的となる。(システマティックリスク以外のリスクを排除できる)このような運用をパッシブ運用といい、現在機関投資家の多くが重視している運用手法である。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.